ブログ

Google検索が主流です

近年行きたい場所を探す時にGoogleで「エリア+業種」で検索する人の割合は、74%です。 その検索結果の44%は Google マップを利用しています。

Google検索で新しくお店やスポットに訪れる人の約半数がホームページでは無く、Google マイビジネスを見てそこから訪れています。

ホームページが無いというのは論外ですが、従来からのホームページやWeb サイトの整備だけで、Google マイビジネスの整備、MEO(マップエンジン最適化)に手を付けなければ、見込み客の半分を放置することになるでしょう。

また Google マイビジネス内の情報を整備・充実させることは、Google マイビジネス内での検索順位を上げる手段の一つであり、MEO 対策にとっても非常に重要な作業です。

とはいえ数多くの店舗、支店を管理する企業様では、店舗、支店の数だけ存在する Google マイビジネスを管理するのは大変な作業になりますの。手探りで対策を行うのは至難の業でしょう。

地域名+貴社の業種でGoogle検索を

 

Google検索、特にGoogleマップのローカル検索の結果は、非公開の様々な要素によって決定されます。その中でも検索している場所からの距離が検索結果に影響を及ぼす割合は高いと言われています。

例えば自分が経営する「カフェ」をカフェ店内から「地域名+カフェ」で検索したら、よほどの事がない限り上位表示されます。場所が一番近いからです。それはGoogleマイビジネスに登録されていたら、どの業種でもほぼ当てはまります。しかし、上位表示されたからといって安心は出来ません。なぜなら店内ではなく、潜在顧客のいる地域から検索した場合にも同様に上位表示されるかどうかは、そこから検索してみないとわからないからです。

 

 

PAGE TOP